グローバルCOEプログラム生命科学
「In vivoヒト代謝システム生物学拠点」へようこそ

拠点リーダー 慶應義塾大学医学部教授 医化学教室 ヒト代謝システム生物学研究センター所長 末松 誠

拠点リーダー
慶應義塾大学医学部教授 医化学教室
ヒト代謝システム生物学研究センター所長

末松 誠

代謝は細胞・組織・個体の修復、破綻、維持に関わる生命活動です。Genomics, Proteomics技術の急速な発展により蛋白質間相互作用(PPI)を介したヒトの病態解明や疾患制御の研究は近年目覚しい発展を遂げています。一方で代謝研究は低分子代謝物の生体情報分子としての未知の作用や酵素に対する制御作用などの系統的解析技術基盤が少なく、細胞内コンパートメントや臓器内での代謝系のheterogeneityを考慮した代謝解析法も欠如しているため、国内外で大きな発展の阻害要因となってきました。慶應義塾大学の21世紀COE生命科学「システム生物学による生命機能の理解と制御」では、独自に開発したMetabolome技術と計算機科学を駆使し、genomics, proteomicsなど他の生命情報との多層解析により標的を系統的に絞り込む研究戦略が、細菌、寄生虫、哺乳類などで新規の低分子代謝物・代謝酵素・酵素活性制御分子の探索・発見、薬物の主作用・副作用の解明に極めて有力であることを示し、「代謝システム生物学」を推進できる若手研究者の育成に貢献してきました。本プログラムの目的は、代謝システム生物学研究の対象をヒトの生理・病態制御に特化した「In vivoヒト代謝システム生物学」を推進し、医科学・理工学・情報科学・薬学等を融合した新しい生命科学研究を創造する若手研究者を育成する世界最高水準の学際的教育研究拠点を形成することです。 この目的を達成するための具体的手段として、当拠点では(1)組織化されたヒト由来細胞の移植免疫寛容を示すマウスや遺伝子・人工染色体を実験動物体内で発現させたHumanoid animalの創出とMetabolome技術を利用した代謝システム生物学基盤研究(2)ヒトを宿主として存在する病原微生物・寄生体のin vivo代謝特性解析による疾患制御標的探索研究(3)ヒト由来の希少リソース(幹細胞、臓器特異的前駆細胞など)を活用した分子間ネットワーク解析と低分子化合物による人為的機能制御の遂行を目標として大学院生の教育・研究を推進していきます。日本発の世界最先端技術であるMetabolomeHumanoid animal創出技術を基軸として、血管生物学・エネルギー代謝研究の中心となる海外の有力なProteomics Centerおよび生体防御・代謝生物学拠点との教育・研究の連携を通じて「ヒト代謝システム生物学」を開拓し、若手研究者育成教育研究拠点形成を行おうと考えています。事業推進担当者一同、一丸となって若手研究者を支援してまいりますので、何卒宜しくお願いいたします。

Copyright © Keio University. All rights reserved.