事業推進担当者: 塩見 美喜子(しおみ みきこ)

事業推進担当者 | 特別研究教員 | RA・特別研究員

塩見 美喜子(しおみ みきこ)

慶應義塾大学医学部分子生物学教室 准教授

昭和37年生
慶應義塾大学医学部 分子生物学教室
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
TEL:03-5363-3498 / FAX:03-5363-3266
E-mail:siomim@sc.itc.keio.ac.jp
URL:http://web.sc.itc.keio.ac.jp/dmb/sindex.html

略歴

昭和59年 岐阜大学農学部農芸化学科卒業
昭和63年 京都大学大学院農学研究科修士課程修了
平成 6年 ペンシルバニア大学医学部HHMI博士研究員
平成 9年 科学技術振興事業団(JST)若手研究者長期在外研究員
平成11年 ペンシルバニア大学医学部生物物理学科研究員
平成11年 徳島大学ゲノム機能研究センター助手
平成12年 徳島大学ゲノム機能研究センター講師
平成13年 徳島大学ゲノム機能研究センター助教授
平成19年 JST戦略的創造研究推進事業(CREST)研究員
平成20年 慶應義塾大学総合医科学研究センター准教授
平成21年 慶應義塾大学分子生物学教室准教授 現在に至る

資格・学位

平成 6年 博士(農博)(京都大学論農博)
平成15年 博士(医博)(徳島大学乙医)

主たる研究領域

分子生物学、生化学、細胞生物学

主たる所属学会

日本RNA学会、日本分子生物学会、The RNA Society(USA)

受賞歴

平成21年 猿橋賞受賞

COE分担課題と研究活動

RNAiに代表される20-30塩基長の小分子RNAによる遺伝子発現抑制機構はRNAサイレンシングと総称される。近年、RNAサイレンシング機構が発生や代謝、ウイルス感染防御といった生命にとって不可欠である多くの現象を制御していることが明らかになってきた。RNAiは遺伝子発現抑制の効果と特異性が高くしかも操作が簡便であるため、既に各分野で特定の遺伝子発現を抑制する技術として利用されており、今後、治療薬としても非常に有効な応用技術となりうる。しかし、その一方で基礎研究を基盤とする知見が追いついていないのが現状である。その潜在性を充分に引き出し有効に応用するには、RNAサイレンシングに関するさらなる統合的な基礎研究が不可欠であり、この領域を牽引する当該研究者の参画が代謝システム生物学の開拓に必要不可欠である。

研究の概要

RNAサイレンシングに関わるタンパク質因子は数多く存在するが、中核的な役割を担う因子はArgonauteタンパク質である。多くの高等生物は複数Argonauteを発現する。我々はこれまで、ショウジョウバエ個体において発現する5種類のArgonaute(AGO1、AGO2、AGO3、Aubergine、Piwi)に焦点を当て、遺伝学的及び生化学的両側面から研究を進める事によって、各Argonauteが異なった小分子RNAと結合し、独立したRNAサイレンシング機構で機能する事を明らかにしてきた。また、それぞれの小分子RNAの生合成機構にも着目し、その基礎解析を進めてきている。最近は、哺乳動物体細胞で発現するArgonaute(Ago1、Ago2、Ago3、Ago4)にも着目し、これらが分子レベルでどのように棲み分けを行っているかを明らかにしようとしている。

主な研究業績

1) Miyoshi K, Miyoshi T, Hartig JV, Siomi H, Siomi MC.
Functional molecular mechanisms that funnel RNA precursors into endogenous small-interfering RNA and micro RNA biogenesis pathways in Drosophila.
RNA 
Published online: 19 Jan. 2010
2) Siomi MC, Miyoshi T, Siomi H.

piRNA-mediated silencing in Drosophila germlines.
Seminars-Cell and Developmental Biology. in press
3) Miyoshi K, Okada TN, Siomi H, and Siomi MC.
Characterization of miRNA-RISC loading complex and miRNA-RISC formed in the Drosophila miRNA pathway.
RNA 15: 1282-1291. 2009
4) Nishida KM, Okada TN, Kawamura T, Mituyama T, Kawamura Y, Inagaki S, Huang H, Chen D, Kodama T, Siomi H, Siomi MC. 

Functional involvement of Tudor and dPRMT5 in the piRNA processing pathway in Drosophila germlines.

EMBO J. 28: 3820-3831. 2009
5) Saito K, Inagaki S, Mituyama T, Kawamura Y, Ono Y, Sakota E, Kotani H, Asai K, Siomi H, Siomi MC.

A regulatory circuit for piwi by the large Maf gene traffic jam in Drosophila.

Nature 461: 1296-1301. 2009
6) Siomi MC.

JOURNAL CLUB: A biologist praises a mouse model of autism inheritance.

Nature 461: 451. 2009
7) Siomi H, Siomi MC.

RISC hitches onto endosome trafficking.

Nat. Cell Biol. 11: 1049-1051. 2009
8) Siomi MC.
Short-interfering RNA mediated gene silencing; towards successful application in human patients.
Adv. Drug Deliv. Rev. 61: 668-671. 2009
9) Siomi MC.
piRNAs (PIWI-interacting RNAs).
McGraw Hill 2010 Yearbook of Science & Technology in press
10) Siomi MC, Kuramochi-Miyagawa S.
RNA silencing in germlines - exquisite collaboration of Argonaute proteins with small RNAs for germline survival.
Curr. Opin. Cell Biol. 21:1-9. 2009
11) Qian ZR, Asa SL, Siomi H, Siomi MC, Yoshimoto K, Yamada S, Wang EL, Rarman MM, Inoue H, Itakura M, Sano T.
Overexpression of HMGA2 relates to reduction of the let-7 and its relationship to clinicopathological features in pituitary adenomas.
Mod. Pathol 22:431-441. 2009
12) Kim NV*, Han J, Siomi MC*.
Biogenesis of small RNAs in animals.
Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 10:126-139. 2009 (*correspondences)
13) Siomi H*, and Siomi MC*.
On the road to reading the RNAi code.
Nature 457:396-404. 2009 (*correspondences)

Copyright © Keio University. All rights reserved.