事業推進担当者: 瀬籐 光利(せとう みつとし)

事業推進担当者 | 特別研究教員 | RA・特別研究員

瀬籐 光利(せとう みつとし)

浜松医科大学分子解剖学研究部門 教授

昭和44年生
〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山1-20-1
TEL:053-435-2292 / FAX:053-435-2292
E-mail:setou@hama-med.ac.jp
URL: http://www.hama-med.ac.jp/university/chair/setou/ja/index.html

略歴

平成6年3月     東京大学 医学部医学科 卒業
平成10年3月   東京大学大学院 医学系研究科(助手採用のため中退)
平成6年6月     東京大学医学部付属病院 研修医
平成10年4月   東京大学大学院助手 医学系研究科
平成15年4月   科学技術振興機構 さきがけ21研究者
平成15年11月 自然科学研究機構 生理学研究所 助教授
平成19年4月   自然科学研究機構 生理学研究所 准教授
平成20年1月   浜松医科大学 分子解剖学研究部門 教授 

資格・学位

平成13年5月23日 医学博士取得(東京大学大学院)

主たる研究領域

質量顕微鏡を用いた老化のシステム生物学

主たる所属学会

日本質量分析学会役員、日本医用マススペクトル学会理事、日本細胞生物学会評議員、日本顕微鏡学会評議員、日本解剖学会評議員

受賞歴

平成21年 日本臨床分子形態学会 学会奨励賞
平成20年 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
平成18年 日本学術振興会 第141委員会 榊奨励賞
平成15年 東京都医師会医学研究賞 奨励賞
平成14年 Amersham Science Award for Young Scientists (Science誌)

COE分担課題と研究活動

in vivoでの代謝の経年変化を可視化するために質量顕微鏡法等のイメージング手法を開発応用する。

これまでの研究の概要

経年時間情報を構造的に蓄積する分子基盤としての蛋白質翻訳後修飾ならびにメタボローム変化に着目、質量分析を用いて解析してきた。

主な研究業績

1. 瀬藤光利 編 質量顕微鏡法 シュプリンガー・ジャパン 2008
2. Konishi, Y., and Setou M.
Tubulin tyrosination navigates the kinesin-1 motor domain to axons.
Nature Neuroscience 19 April (2009)
3. Shimma S., Sugiura, Y., Hayasaka, T., Zaima N., Matsumoto M., and Setou M.
Mass imaging and identification of biomolecules with MALDI-QIT-TOF-based system.
Anal. Chem.,80, 878-885, (2008)
4. Taira, S., Sugiura, Y., Moritake, S., Shimma, S., Ichiyanagi, Y., and Setou M.
Nanoparticle-assisted laser desorption/ionization based mass imaging with cellular resolution.
Anal. Chem., 80(12), 4761-6 (2008)
5. Yao, I., Takagi, H., Ageta, H., Kahyo, T., Sato, S., Hatanaka, K., Fukuda, Y., Chiba, T., Morone, N., Yuasa, S., Inokuchi, K., Ohtsuka, T., MacGregor, G.R., Tanaka, K., and Setou M.
SCRAPPER-dependent ubiquitination of active zone protein RIM1 regulates synaptic vesicle release.
Cell, 130, 943-957 (2007)
6. Ikegami, K., Heier, R.L., Taruishi, M., Takagi, H., Mukai, M., Shimma, S., Taira, S., Hatanaka, K., Morone, N., Yao, I., Campbell, P.K., Yuasa, S., Janke, C., Macgregor, G.R., and Setou M.
Loss of Alpha tubulin polyglutamylation in ROSA22 mice is associated with abnormal targeting of KIF1A and modulated synaptic function.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 104, 3213-3218 (2007)
7. Sugiura, Y., Shimma S., and Setou M.
Two-step matrix application technique to improve ionization efficiency for matrix-assisted laser desorption/ionization in imaging mass spectrometry.
Anal. Chem., 78, 8227-8235 (2006)
8. Setou M.
Cargo binding mechanisms of molecular motors.
Science, introduction 298(5598), 1568 (2002), main text on line
9. Setou M., Seog, D.H., Tanaka, Y., Kanai, Y., Takei, Y., Kawagishi, M., and Hirokawa, N.
Glutamate-receptor-interacting protein GRIP1 directly steers kinesin to dendrites.
Nature, 417, 83-87 (2002)

Copyright © Keio University. All rights reserved.