事業推進担当者: 澤本 和延 (さわもと かずのぶ)

事業推進担当者 | 特別研究教員 | RA・特別研究員

澤本 和延 (さわもと かずのぶ)

名古屋市立大学教授

1967年生
名古屋市立大学大学院医学研究科再生医学分野
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
TEL:052-853-8532
FAX:052-851-1898
E-mail:sawamoto@med.nagoya-cu.ac.jp
URL:http://k-sawamoto.com/

略歴

学歴
1986年3月 北海道札幌西高等学校卒業
1990年3月 明治大学農学部農芸化学科卒業 学士(農学)取得
1992年3月 明治大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士前期課程修了 修士(農学)取得
1996年3月 東京大学大学院医学系研究科第二基礎医学専攻博士課程修了 博士(医学)取得

職歴
1995年4月 日本学術振興会特別研究員(東京大学医科学研究所・化学研究部)
1996年4月 筑波大学助手(基礎医学系分子神経生物学)
1997年3月 大阪大学助手(医学部神経機能解剖学)
2001年3月 文部科学省在外研究員(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)
2003年4月 慶應義塾大学専任講師(医学部生理学教室)
2005年4月 慶應義塾大学助教授(医学部ブリヂストン神経発生・再生学寄附講座)
2007年5月 名古屋市立大学教授(大学院医学研究科分子医学講座再生医学分野)

資格・学位

1992 修士(農学)
1996 博士(医学)

主たる研究領域

神経科学・発生生物学・再生医学

主たる所属学会

日本神経科学学会・日本神経化学会・日本発生生物学会・日本分子生物学会・日本脳循環代謝学会・Society for Neuroscience

受賞歴

1996年度 Young Investigator Award(筑波大学大学院医学研究科)
1998年度 井上研究奨励賞(財団法人井上科学振興財団)
2004年度 日本神経科学学会奨励賞(日本神経科学学会)
2004年度 三四会奨励賞(慶應義塾大学医学部三四会)
2006年度 日本神経化学会最優秀奨励賞(日本神経化学会)
2006年度 医学研究奨励(慶應義塾医学振興基金)
2006年度 日本学術振興会賞(日本学術振興会)
2007年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)(文部科学省)

COE分担課題と研究活動

澤本らは、成体の脳に存在する幹細胞による神経細胞の産生機構を明らかにし、発生・再生医学へ貢献することを目指した研究を推進している。これまでに、エネルギー代謝特性に大きな変動が生じると考えられる低酸素状態における幹細胞・前駆細胞の動態をin vivoで解析するため、長期間生存可能なマウスの中大脳動脈閉塞モデルとcre-loxPシステムを用いた神経細胞標識法を開発し、脳室壁付近の「脳室下帯」に存在する神経幹細胞が虚血刺激によって活性化し、新生ニューロンが梗塞部位へ移動することを示した。本グローバルCOEプログラムにおいては、このin vivo解析システムと様々なin vitro培養系を併用して、低酸素状態における神経幹細胞およびそこから生まれる神経細胞の動態を詳細に解析する。新たなモデル生物としてゼブラフィッシュを導入し、成魚脳内を移動する神経細胞の可視化と、遺伝学的手法による神経細胞新生の制御機構の解明に取り組む。さらに、よりヒトに近いコモンマーモセットを用いて、霊長類成体脳の脳室下帯における神経細胞新生と虚血後の再生について検討する。

これまでの研究の概要

これまで16年間に渡り、一貫して神経系の発生・再生の研究に取り組んでいる。はじめに、ショウジョウバエをモデルとして用いて細胞の増殖・分化・形態形成・細胞死などの重要なメカニズムを解明した。EGF受容体に結合してRasシグナル伝達経路を抑制する分泌性蛋白質Argosについての一連の研究により、拡散性シグナルによる細胞分化制御という新しい概念を生み出した。
次に、ほ乳類神経系の幹細胞・前駆細胞・特定の神経細胞を蛍光タンパク質を用いて可視化・分離する手法を開発し、これを用いてES細胞から誘導したドーパミン神経細胞を分離しパーキンソン病モデルラットに移植すると症状が改善されることを示した。
2001年より、マウスおよびサル成体脳の脳室下帯における神経細胞新生に関する研究を開始した。これまでに、幹細胞および前駆細胞の増殖・新生神経細胞の移動と生存維持に関するメカニズムを明らかにした。
成体脳における神経細胞の再生機構を遺伝学的手法を用いて詳細に解析するための実験系として独自のマウス脳梗塞モデルを確立し、これを用いて、脳が損傷を受けると、脳室下帯で生まれる細胞が血管に沿って障害部位へ向かって移動し、失われた神経細胞を再生することを示した。

主な研究業績

Okano, H. and Sawamoto, K. (2008)
Neural stem cells: Involvement in adult neurogenesis and CNS repair.
Philos. Trans. R. Soc. B. Biol. Sci. In Press.

Hirota, Y., Ohshima, T., Kaneko, N., Ikeda, M., Iwasato, T., Kulkarni, A., Mikoshiba, K., Okano, H., and Sawamoto, K. (2007)
Cyclin-dependent kinase 5 is required for control of neuroblast migration in the postnatal subventricular zone. J. Neurosci. 27, 12829-12838.

Adachi, K., Mirzadeh, Z., Sakaguchi, M., Yamashita, T., Nikolcheva, T., Gotoh, Y., Peltz, G., Gong, L., Kawase, T., Alvarez-Buylla, A., Okano, H., and Sawamoto, K. (2007)
b-catenin signaling promotes proliferation of progenitor cells in the adult mouse subventricular zone.
Stem Cells 25, 2827-2836.

Okano, H., Sakaguchi, M., Ohki, K., Suzuki, N. and Sawamoto, K. (2007)
Regeneration of the central nervous system using endogenous repair mechanisms.
J Neurochem. 102: 1459-1465.

Yamashita, T., Ninomiya, M., Hernandez Acosta, P., Garcia-Verdugo, J. M., Sunabori, T., Sakaguchi, M., Adachi, K., Kojima, T., Hirota, Y., Kawase, T., Araki, N., Abe, K., Okano, H., and Sawamoto, K. (2006).
Subventricular zone-derived neuroblasts migrate and differentiate into mature neurons in the post-stroke adult striatum.
J Neurosci 26, 6627-6636.

Kaneko, N., Okano, H., and Sawamoto, K. (2006).
Role of the cholinergic system in regulating survival of newborn neurons in the adult mouse dentate gyrus and olfactory bulb.
Genes Cells 11, 1145-1159.

Ninomiya, M., Yamashita, T., Araki, N., Okano, H., and Sawamoto, K. (2006).
Enhanced neurogenesis in the ischemic striatum following EGF-induced expansion of transit-amplifying cells in the subventricular zone.
Neurosci Lett 403, 63-67.

Sawamoto, K., Wichterle, H., Gonzalez-Perez, O., Cholfin, J. A., Yamada, M., Spassky, N., Murcia, N. S., Garcia-Verdugo, J. M., Marin, O., Rubenstein, J. L., Tessier-Lavigne, M., Okano, H., and Alvarez-Buylla, A. (2006).
New neurons follow the flow of cerebrospinal fluid in the adult brain.
Science 311, 629-632.

Sakaguchi, M., Shingo, T., Shimazaki, T., Okano, H. J., Shiwa, M., Ishibashi, S., Oguro, H., Ninomiya, M., Kadoya, T., Horie, H., Shibuya, A., Mizusawa, H., Poirier, F., Nakauchi, H., Sawamoto, K. and Okano, H. (2006).
A carbohydrate-binding protein, Galectin-1, promotes proliferation of adult neural stem cells.
Proc Natl Acad Sci U S A 103, 7112-7117.

Tonchev, A. B., Yamashima, T., Sawamoto, K., and Okano, H. (2006).
Transcription factor protein expression patterns by neural or neuronal progenitor cells of adult monkey subventricular zone.
Neuroscience 139, 1355-1367.

Tonchev, A. B., Yamashima, T., Sawamoto, K., and Okano, H. (2005).
Enhanced proliferation of progenitor cells in the subventricular zone and limited neuronal production in the striatum and neocortex of adult macaque monkeys after global cerebral ischemia.
J Neurosci Res 81, 776-788.

Yamashita, T., Sawamoto, K., Suzuki, S., Suzuki, N., Adachi, K., Kawase, T., Mihara, M., Ohsugi, Y., Abe, K., and Okano, H. (2005).
Blockade of interleukin-6 signaling aggravates ischemic cerebral damage in mice: possible involvement of Stat3 activation in the protection of neurons.
J Neurochem 94, 459-468.

Okano, H., Yoshizaki, T., Shimazaki, T., and Sawamoto, K. (2002)
Isolation and transplantation of dopaminergic neurons and neural stem cells.
Parkinsonism Relat Disord 9:23-28.

Sawamoto, K., Yamamoto, A., Kawaguchi, A., Yamaguchi, M., Mori, K., Goldman, S. A., and Okano, H. (2001).
Direct isolation of committed neuronal progenitor cells from transgenic mice coexpressing spectrally distinct fluorescent proteins regulated by stage-specific neural promoters.
J Neurosci Res 65, 220-227.

Sawamoto, K., Nakao, N., Kakishita, K., Ogawa, Y., Toyama, Y., Yamamoto, A., Yamaguchi, M., Mori, K., Goldman, S. A., Itakura, T., and Okano, H. (2001).
Generation of dopaminergic neurons in the adult brain from mesencephalic precursor cells labeled with a nestin-GFP transgene.
J Neurosci 21, 3895-3903.

Sawamoto, K., Nakao, N., Kobayashi, K., Matsushita, N., Takahashi, H., Kakishita, K., Yamamoto, A., Yoshizaki, T., Terashima, T., Murakami, F., Itakura, T. and Okano, H. (2001).
Visualization, direct isolation, and transplantation of midbrain dopaminergic neurons.
Proc Natl Acad Sci U S A 98, 6423-6428.

Sawamoto, K., Winge, P., Koyama, S., Hirota, Y., Yamada, C., Miyao, S., Yoshikawa, S., Jin, M. H., Kikuchi, A., and Okano, H. (1999).
The Drosophila Ral GTPase regulates developmental cell shape changes through the Jun NH(2)-terminal kinase pathway.
J Cell Biol 146, 361-372.

Sawamoto, K., Yamada, C., Kishida, S., Hirota, Y., Taguchi, A., Kikuchi, A., and Okano, H. (1999).
Ectopic expression of constitutively activated Ral GTPase inhibits cell shape changes during Drosophila eye development.
Oncogene 18, 1967-1974.

Sawamoto, K., Taguchi, A., Hirota, Y., Yamada, C., Jin, M. H., and Okano, H. (1998). Argos induces programmed cell death in the developing Drosophila eye by inhibition of the Ras pathway.
Cell Death Differ 5, 262-270.

Sawamoto, K., and Takahashi, N. (1997).
Modulation of hepatocyte function by changing the cell shape in primary culture.
In Vitro Cell Dev Biol Anim 33, 569-574.

Sawamoto, K., Okabe, M., Tanimura, T., Mikoshiba, K., Nishida, Y., and Okano, H. (1996).
The Drosophila secreted protein Argos regulates signal transduction in the Ras/MAPK pathway.
Dev Biol 178, 13-22.

Sawamoto, K., Okabe, M., Tanimura, T., Hayashi, S., Mikoshiba, K., and Okano, H. (1996).
argos Is required for projection of photoreceptor axons during optic lobe development in Drosophila.
Dev Dyn 205, 162-171.

Sawamoto, K., and Okano, H. (1996)
Cell-cell interactions during neural development: multiple types of lateral inhibitions involved in Drosophila eye development.
Neurosci Res 26:205-214.

Sawamoto, K., and Takahashi, N. (1995).
Changes in the organelle arrangement in primary cultured hepatocytes following the formation of cytoskeleton.
Int J Tissue React 17, 205-210.

Sawamoto, K., Okano, H., Kobayakawa, Y., Hayashi, S., Mikoshiba, K., and Tanimura, T. (1994).
The function of argos in regulating cell fate decisions during Drosophila eye and wing vein development.
Dev Biol 164, 267-276.

Copyright © Keio University. All rights reserved.