事業推進担当者: 佐々木 えりか (ささき えりか)

事業推進担当者 | 特別研究教員 | RA・特別研究員

佐々木 えりか (ささき えりか)

実験動物中央研究所マーモセット研究部・応用発生生物研究室・室長

(財) 実験動物中央研究所
〒216-0001神奈川県川崎市宮前区野川1430
TEL:044-754-4480 FAX:044-754-4481
E-mail:esasaki @ ciea.or.jp

略歴

1985年4月 筑波大学第二学群農林学類入学
1989年3月 筑波大学第二学群農林学類卒業
1990年4月 筑波大学大学院博士課程農学研究科農林学専攻入学
1992年3月 筑波大学大学院 修士(農学)号 取得
1994年4月 日本学術振興会特別研究員
1995年3月 筑波大学大学院博士課程農学研究科農林学専攻学位取得卒
1995年10月 新技術事業団特別研究員
1996年11月 ゲルフ大学(カナダ) 博士研究員
2001年1月 東京大学医科学研究所・リサーチアソシエイト
2002年4月 九州大学生体防御医学研究所・リサーチアソシエイト
2003年4月 先端医療振興財団 主任研究員
2003年10月 (財)実験動物中央研究所バイオメディカル研究部・霊長類研究室・研究員
2004年4月 慶應義塾大学医学部助手(兼任)
2007年4月 実験動物中央研究所マーモセット研究部・応用発生生物研究室・室長
2007年5月 慶應義塾大学ヒト代謝システム生物学研究センター特別研究准教授(兼任)

資格・学位

1992年 農学修士 取得
1995年 博士(農学)取得

主たる研究領域

繁殖生理学、発生生物学、再生医学

主たる所属学会

日本実験動物学会
日本分子生物学会
日本IVF学会

研究の概要

バイオメディカル研究の霊長類実験動物として様々な利点があるコモンマーモセットの有用性を更に高めるために、遺伝子改変技術を用いたヒト疾患モデルマーモセット作製を目指した発生工学、繁殖生理学の研究

Copyright © Keio University. All rights reserved.